研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2017年9月4日月曜日

『文藝春秋』9月号「若手学者激論 九条加憲案はひどすぎる」鼎談に参加しました。




すっかり失念していたのですが、『文藝春秋』9月号(先月号)の「若手学者激論 九条加憲案はひどすぎる」鼎談に参加しました。細谷雄一先生、浜崎洋介さんとのものでした。よくわかりませんが、ぼくはリベラル枠扱いということなのでしょうか。いずれにしても、当日は大変和やかに鼎談は進行しました。ぼくはとくに表題の論点について発言していないと記憶していますが、それはさておくとして細谷先生のあらゆる話題に真摯な態度で向き合おうとする傾聴力的なものや、浜崎さんの攻めの姿勢には見習うべきところが多々あるような気がしました。そうそう、浜崎さんが東工大院ご出身というのもはじめて知りました(そもそも浜崎さんも、細谷先生もはじめてお目にかかったのですが・・・)。社会学にも東工大の旧社会理工で学位を取ったという人が結構いらっしゃるので、東工大は実は隠れた文系のメッカでもあるんですよね。少々時間が立ってしまいましたが、よければ手にとってみてください。

細谷雄一・浜崎洋介・西田亮介,2017,「若手学者激論 九条加憲案はひどすぎる」『文藝春秋』95(9): 126-35.