研究室情報【進学、研究生、共同研究等希望者等向け】

西田亮介研究室について (about Dr. Ryosuke NISHIDA's Lab.@titech)
東京工業大学環境・社会理工学院社会・人間科学系 社会・人間科学コース 西田亮介研究室の研究室情報です。
研究室(修士課程、博士課程)への進学、研究生の希望者は、よく読み、 原則として、
十分な時間的余裕をもって事前に連絡し、 個別面談を受けて下さい(海外、遠方在住等の場合はSkypeなどでも可能です)。
(日本語)

(English)

オンラインサロンを始めました。初月無料、社会人2000円/月、学生1000円/月。平日毎日更新。週1選書。月1読書会。
「西田亮介の新書、文庫、雑誌で始めるリベラルアーツゼミ」

2018年2月22日木曜日

「第二回海を愛する政治家フォーラム」に登壇しました。


(上の動画アーカイブは、なぜかだいたい10分経過あたりからコンテンツが始まります)

2018年2月4日、パシフィコ横浜のサーフィン業界の展示会インタースタイル内でサーフライダー・ファウンデーション主催のもと開催された「第二回海を愛する政治家フォーラム」に、元国交大臣馬淵澄夫氏、清野聡子九州大学准教授、武知実波プロと登壇しました。もっぱら利益団体の存在理由と機能について解説し、政治のアリーナにおける利益団体を通じた働きかけの重要性について述べ、2020年東京五輪の種目化を旗印に業界の利益団体の新設、一本化について論じました。

第二回海を愛する政治家フォーラム開催
https://www.surfrider.jp/information/2887/

2018年2月20日火曜日

2018年2月19日(月)Tokyo MX『モーニングCROSS』コメンテータでした。

2018年2月19日(月)Tokyo MX『モーニングCROSS』コメンテータでした。


















2018年2月19日月曜日

最後の「わたしの紙面批評」担当回でした。⇒「(わたしの紙面批評)「#MeToo」運動 型にはまった男性的紙面打ち壊して 西田亮介さん:朝日新聞デジタル」

2年間担当した朝日新聞社の「わたしの紙面批評」最後の担当回でした。#MeToo について論じました。ありがとうございました。

(わたしの紙面批評)「#MeToo」運動 型にはまった男性的紙面打ち壊して 西田亮介さん:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/DA3S13363292.html

2018年2月16日金曜日

「ビデオニュース・ドットコム」に3度めの出演でした⇒「民主国家はシャープパワーに太刀打ちできるのか/西田亮介氏(東京工業大学准教授)」



「ビデオニュース・ドットコム」に3度めの出演でした。「シャープパワー」を切り口に、政治とメディアの問題を議論しています。結構、神保さんの現場での話題の投入が多く、その場でいろいろ考えるという意味では、即興的で楽しかったです。

民主国家はシャープパワーに太刀打ちできるのか/西田亮介氏(東京工業大学准教授)(ビデオニュース・ドットコム) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00010000-videonewsv-soci

2018年2月15日木曜日

2018年2月14日Abema News「けやきヒルズ」コメンテータでした。

2018年2月14日Abema News「けやきヒルズ」コメンテータでした。スノボ平野選手のメダル獲得、森友問題続報、コインチェック社関連等のニュースにコメントしました。

2018年2月13日火曜日

NHKのウェブコンテンツにコメントしました⇒「『中国の有名な女性と!』河野外相のツイッターを考えてみた。」

NHKのウェブコンテンツにコメントしました。政治家のSNS(instagram)利用についてです。

「中国の有名な女性と!」河野外相のツイッターを考えてみた。 | NHKニュース 
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180209/k10011322491000.html

2018年2月8日木曜日

【西田研の日常】

プレゼン練習のために導入した大型モニターの想定外の利用法・・・(素晴らしい

2018年2月7日水曜日

西田亮介×曽我部真裕「なぜ選挙は茶番になるのか?ーー『なぜ政治はわかりにくいのか』(春秋社)刊行記念イベント」

約2年ぶりにゲンロンカフェに登壇し、憲法学者の曽我部昌裕先生と対談します。
申し込みは下記から、また以下の情報も下記ゲンロンカフェの予約サイトからの転載です。
https://peatix.com/event/346884


−−−




詳細



【イベント概要】

先の総選挙から数ヶ月。
解散する根拠も不明確、政権に対する疑惑も置き去りのまま、
受け皿となるはずの希望の党の自滅、民進党の分裂などが相次いで起こり、
現政権の圧勝に終わった。

投票日前から、今回の選挙に対する疑問の声を表明し、
「積極的棄権」の民意をすくい上げようとする動きなど、
現在の政治状況、選挙体制に対する根本的な問題提起もなされたが、
いまのところ制度変更の動きはない。

なぜ選挙はすぐに茶番に陥ってしまうのか。
マスコミが悪いのか、ネットが悪いのか、そもそも国民が問題なのか。
制度の変更によって事態は改善するものなのか。

新著『なぜ政治はわかりにくいのか』で、
政治がどんどんと縁遠くなっていく現代日本を
多面的に分析した西田亮介が、
『反論権と表現の自由』などの著作があり、
メディアと政治の関係に詳しい曽我部真裕を招き、
政治をわかりにくさから解放するための道を探る。

【登壇者プロフィール】

西田亮介(にしだ・りょうすけ)


1983年京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院/環境・社会理工学院准教授。博士(政策・メディア)。専門は公共政策の社会学。著書に『ネット選挙――解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』(NHK出版)、『無業社会――働くことができない若者たちの未来』(工藤啓との共著、朝日新書)がある。

曽我部真裕(そがべ・まさひろ)

1974年生まれ。神奈川県出身。京都大学大学院法学研究科教授。専門は憲法、情報法。著編書に『憲法学のゆくえ』(日本評論社、宍戸常寿・山本龍彦との共編)、『古典で読む憲法』(有斐閣、見平典との共編)、『情報法概説』(弘文堂、林秀弥・栗田昌裕との共著)などがある。

【チケットについて】

  • チケット料金は税込価格です。
  • ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で、当日の入場受付時に500円のキャッシュバックをいたします。会員割引と学生割引の併用はできません。学生証は国立公立学校または学校法人が発行したものに限ります。
  • お支払い後のキャンセルは受け付けることができません。あらかじめご了承ください。

【入場・座席について】

  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • 座席はチケットの申し込み順ではなく、当日ご来場いただいた順でのご案内となります。
  • 100名以上のイベントの場合、座席はご来場の時間によっては、見づらいお席やお立ち見席になる可能性がございます。お早めのお越しをおすすめいたします。
  • ゲンロン友の会上級会員(クラス30以上)の方は、クラスに従って座席予約のサービスがございます。ご利用の方は会員番号を明記のうえ、info@genron.co.jpにご連絡ください。

【そのほか】

  • イベントは延長となることがございます。途中、10分程度の休憩を挟みます。
  • イベント中、客席は禁煙となります。
  • 未成年の方、車でご来場の方にはアルコールを提供できません。
  • 18歳未満の方は23時以降の参加はできません。
  • 保護者が同伴しない18歳未満の方は22時以降の参加はできません。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信を予定しております。ご来場のお客様は映像に映り込む可能性がございます。
  • イベント中の無断録画・録音はご遠慮ください

2018年2月6日火曜日

2018年2月1日「情報技術の􏰁加􏰃度的発展と民主主義の􏰁将来像」講演@経団連21世紀政策研究所

2018年2月1日「情報技術の􏰁加􏰃度的発展と民主主義の􏰁将来像」講演@経団連21世紀政策研究所でした。持ち時間に対して詰め込みすぎた感あり。1時間枠におさまるトピック選定等が必要だったと少々反省しました・・・


西田亮介,2018,「情報技術􏰁の加􏰃度的発展と民主主義の􏰁将来像」@経団連21世紀政策研究所(2018年2月1日).

2018年2月5日月曜日

2018年2月1日J-WAVE「STEP ONE」コメンテータでした。

2018年2月1日J-WAVE「STEP ONE」内「PICK ONE」コーナーコメンテータでした。短い尺でしたが、近年の大学や若手研究者問題についてお話してきました。社会に我々の仕事をあまり説明してこなかったことが、現状の日本の大学、研究の困窮、政策の混乱を招いているというのが問題意識でもあるので、機会があるごとに話していきたいと思います。

若手研究者の知られざるキャリアパス
https://newspicks.com/news/2782117

2018年2月2日金曜日

2018年1月31日Abema News「けやきヒルズ」コメンテータでした。

2018年1月31日Abema News「けやきヒルズ」コメンテータでした。この日は学期末なので、14時に大学に戻って、すべての研究生、修士、博士院生と面談をし、TA、研究員氏と学期の振り返りやすり合わせをして、ゼミの懇親会に合流するハードな一日でした・・・

2018年1月30日火曜日

西田研究室ホームページ刷新

西田研のホームページを刷新中です。これまで適当にGoogleSiteで作成していましたが、中国からの留学生から「中国で読めない」という問い合わせを受けることが多かったので、独自ドメインを取得、作成していました。基本的にはこれまでと同じ内容で、調整中の箇所もありますが、進学希望の人はさしあたりこちらを必ず一読しておいてください。なお引き続き、2018年秋以後入学の博士課程、修士課程、研究生を募集しています。

西田研究室
https://www.ryosukenishida.com/

2018年1月29日月曜日

2018年1月27日三鷹市民大学総合コースで「若者の政治参加とネット選挙の動向と行方」という講演を行いました。

2018年1月27日三鷹市民大学総合コースで「若者の政治参加とネット選挙の動向と行方」という講演を行いました。事前によく把握できていませんでしたが、市の生涯学習事業だったようで、年長の皆さんが多数早朝から参加されていました。


西田亮介,2018,「若者の政治参加とネット選挙の動向と行方」(2018年1月27日@三鷹市民大学総合コース).



2018年1月26日金曜日

2018年1月26日(金)Tokyo MX『モーニングCROSS』コメンテータでした。

2018年1月26日(金)Tokyo MX『モーニングCROSS』コメンテータでした。

憲法国会、生活保護費削減問題、弁護士数増加問題等にコメントし、「オピニオンCROSS」では昨今の大学と若手研究者の置かれた状況を紹介しました。ラストには、新著の告知タイムをいただきました(ありがとうございました。


2018年1月25日木曜日

2018年1月24日(水)「日本社会の構造を知るーー政治とメディアの歴史を学び、キャリア構築に活かす」@東京工業大学CUMOT

昨日、学内のMOTコースの社会人向けプログラムでゲストレクチャーを行いました。

西田亮介,2018,「日本社会の構造を知るーー政治とメディアの歴史を学び、キャリア構築に活かす」@東京工業大学CUMOT(2018年1月24日).

2018年1月24日水曜日

#tokyoweekendsurfing 快晴小浪

Nishida, Ryosukeさん(@ryosukenishida)がシェアした投稿 -


引っ張りだしてきて、最近よくのってる板 #tokyoweekendsurfing #singlefin

Nishida, Ryosukeさん(@ryosukenishida)がシェアした投稿 -


#tokyoweekendsurfing

Nishida, Ryosukeさん(@ryosukenishida)がシェアした投稿 -

2018年1月23日火曜日

6冊目の単著が発売されました。『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社)



奥付は明日付ですが、既にAmazonでも発売になっていますが、6冊目の単著が発売されました。『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社)。政治入門の書籍は多数存在しますが、「なぜ政治はわかりにくいのか」「政治とわれわれの距離は遠いのか」という主題が十分に扱われていないという問題意識から、政治、メディア、教育から問題の構造のラフスケッチを描くことに注力しました。はじめての語り下ろしの書籍でもあります。よろしくお願いします。



各地の書店さん等でも、展開頂いている情報をあげていただいております(書影アップいただいて、OKです。念のため)。
宮台真司先生との対談イベントが蔦屋書店代官山店で企画されていますが、販促活動等、喜んでお引き受けいたしますので、いつでもご連絡ください。










2018年1月22日月曜日

2018年1月20日(土)TBSラジオ「蓮見孝之 まとめて!土曜日」コメンテータでした。

2018年1月20日(土)TBSラジオ「蓮見孝之 まとめて!土曜日」コメンテータでした(たぶん3回目の登板)。しばらく音声配信もなされますので、よかったらチェックしてみて下さい。

2018年1月19日金曜日

2018年02月07日(水) 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社)刊行記念 西田亮介×宮台真司トークイベント@代官山 T-SITE


なぜ政治はわかりにくいのか

2018年02月07日(水) 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペースにて、『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社)刊行記念 西田亮介×宮台真司トークイベントが開催されます。有償イベントですが、ぜひ。

【イベント】『なぜ政治はわかりにくいのか 社会と民主主義をとらえなおす』(春秋社)刊行記念 西田亮介×宮台真司トークイベント | 代官山 T-SITE
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/12/---1.html

2018年1月18日木曜日

2018年1月17日(水)AbemaNews「けやきヒルズ」コメンテータでした。


2018年1月17日(水)AbemaNews「けやきヒルズ」コメンテータでした。新年初回の登板でしたが、オープニングBGMやカメラ位置が少し変わったようですが、なにより番組タイトルが「けやきヒルズ」になりました。けやきヒルズスタジオでの配信、収録なので、そのものズバリ、ですね。あとタイムシフト機能が実装されたそうで、翌日まで視聴可能になったようです。以下、リンクからどうぞ。

https://abema.tv/channels/abema-news/slots/9J1e6pEp8TSiqu?utm_campaign=slot_share_cy&utm_medium=referral&utm_source=referral

放送後、記事化されていました。
統一会派か分党か、迷走する“旧民主党”に再分裂の懸念「この有り様では与党監視の役割果たせない」|Abema TIMES
https://abematimes.com/posts/3553028?categoryIds=537591

2018年1月17日水曜日

久々に・・・



NewsPicksのコメントランキングにランクインしていました(謎ネタではありますが)。

以下、ぼくのPickをチェックしてみて下さい。
https://newspicks.com/user/132562

2018年1月16日火曜日

2018年1月20日(土)TBSラジオ「蓮見孝之 まとめて!土曜日」出演予定です。

2018年1月20日(土)TBSラジオ「蓮見孝之 まとめて!土曜日」出演予定です。たぶん3回目の出演です。早朝からですが、一週間のニュースを振り返りましょう。

2018年1月11日木曜日

西田研に研究員が着任しました。

2018年1月1日付けで西田研にPD研究員が着任しました。菊地映輝さんです。ぼくと同じく学部から博士課程まで慶應SFC出身で、文化や都市の社会学が専門です。西田研の研究教育推進補助が業務で、近く博士学位取得予定です。博士課程の高松くんも引き続きTAを務めてくれますので、いっそう充実した体制になる予定です。

進学案内等についてはこちら。
西田研究室
https://sites.google.com/site/ryosukenishidalaboratory/home


Nishida, Ryosukeさん(@ryosukenishida)がシェアした投稿 -

2018年1月5日金曜日

『OCEANS』1月号選書3冊。



すっかり忘れていたのですが、ビーチ系ファッション誌(?)『OCEANS』1月号(先月号)に選書3冊を行っています。

2018年1月1日TokyoMX「NEW YEAR CROSS 2018」出演でした。

今年の仕事始めは2018年1月1日TokyoMX「NEW YEAR CROSS 2018」からでした。
お正月コスプレからスタートでした。










2017年12月29日金曜日

2018年元日はTokyoMX「NEW YEAR CROSS 2018」コメンテータ


2018年の仕事始めはTokyoMX「NEW YEAR CROSS 2018」コメンテーター出演からです。1月1日から働ける喜びに打ち震えております・・・

2017年12月27日水曜日

2017年12月27日(水)Abema TV「けやきヒル’sNews」コメンテータでした。


2017年12月27日(水)Abema TV「けやきヒル’sNews」コメンテータでした。年内最終の登板でした。某部長さんに、コメンテータ陣のなかで一番成長したとお褒めの言葉をかけていただく、一応コメンテータ業、5年ほどだと思うんですが、確かにフォーマットと徳永さんとのコンビに適応してきたの、最近かもしれないな、とは思いました(汗)。番組も1周年、ぼくも出るようになってだいたい同じくらい。来年もたぶん時々出ているはずですので、よろしくお願いします。

2017年12月25日月曜日

NRI学生論文コンテストで生命理工の学部二年生が奨励賞を受賞

大学院西田研と合同開講している学部向け(ILA)社会科学系ゼミ夏休みのタスクだった野村総研の学生論文コンテストで生命理工の学部二年生が奨励賞を受賞しました。
おめでとう!

https://www.nri.com/jp/event/contest/result/index.html
藤田 創さん(東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系)
【サブテーマ:地方創生】
地方を変える、バクテリア探索アプリ「BactoFinder」

西田研究室

2017年12月22日金曜日

Nishida, Ryosukeさん(@ryosukenishida)がシェアした投稿 -

なぜ政治はわかりにくいのか: 社会と民主主義をとらえなおす

残念ながら年内には間に合いませんでしたが、年明けそうそうに新刊が出ます。初めての語り下ろしになりました。「政治入門」ではなく(こちらのジャンルには良書がたくさんあります)、「なぜ政治がわかりにくいのか」という問いのラフスケッチです。語り下ろしなので読みやすいはずです。
なお、翌月には書き下ろしも発売される(はず)です。よろしくお願いします。

2017年12月20日水曜日

コメントしました⇒「 #維新のせいで ツイッター政治論議活発 橋下氏も反応:朝日新聞デジタル」

朝日新聞関西版の紙面とウェブ版にコメントしました。「ハッシュタグでの議論にあまり実りはないのではないか」というコメントもしているのですが、そこはばっさり、でした。

#維新のせいで ツイッター政治論議活発 橋下氏も反応:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASKDF4V2BKDFPTIL015.html

2017年12月19日火曜日

「最近の公共政策における『nudge』の流行と社会的な論点」


20171209国際公共経済学会「最近の公共政策における「nudge」の流行と 社会的な論点」 from 亮介 西田

12月9日のパネルディスカッション報告用資料でした。このパネルディスカッションはコーディネーター兼任でした。

西田亮介,2017,「最近の公共政策における『nudge』の流行と社会的な論点」@パネルディスカッション②「変貌する社会経済システム」国際公共経済学会第32回研究大会(2017年12月9日@立教大学).

Why Are (not) We ‘Cool’?: Between The Failures of ‘Cool Japan’ and Increasing Interest in Japan


20171207東工大清華大合同プログラム from 亮介 西田

2017年12月8日の中国の清華大学との合同プログラムでの報告です。最近


R. Nishida, 2017, "Why Are (not) We ‘Cool’?: Between The Failures of ‘Cool Japan’ and Increasing Interest in Japan," 東京工業大学・清華大学大学院合同プログラム 社会理工学コース平成29年度シンポジウム, TokyoTech, Japan, 8th, December, 2017.

【西田研の日常】2017年12月7日(木)NHK見学





2017年12月7日(木)、NHK某番組ディレクター氏のお心遣いにより、NHKと番組収録の見学をさせていただきました。メディア研究、ジャーナリズム研究、そして日本のメディア業界への就職を希望する学生、留学生が多いので、やはり日本を代表する報道局の見学は大変刺激になったことと思います。
Uさん、ありがとうございました!

現在、2018年9月以後入学の博士課程、修士課程、研究生の相談を受け付けています。社会人院生もいます。興味がある人は下記研究室案内をよく読んで、連絡して下さい。

東京工業大学環境・社会理工学院社会人間科学系・コース/ILA 西田亮介研究室

2017年12月14日木曜日

2018−19年国際公共経済学会理事に再任しました。

先日、国際公共経済学会の理事選挙があり、下記のとおり、理事に再任しました。2012年からなので随分長くなってきました。次世代研究部会企画委員会委員長も兼任しています。

http://ciriec.com/outline/%E5%BD%B9%E5%93%A1/

2017年10月29日(日)「激論 サンデーCROSS」に出演しました。


もはや遥か昔のことなのですが、10月29日にも「激論!サンデークロス」に出演していました(このブログに仕事情報を貼り付けておいて、年1回業績評価のためにざっと振り返って(もらって)集約しています)。

テレビ 動画 TOKYO MX 激論!サンデーCROSS 森田実さん 西田亮介さん 泉美木蘭さん 新田哲史さん 堀潤さん 2017年10月29日 日曜
http://jpnews-video.com/onebyone/2017/171029/2/

2017年12月12日火曜日

2017年12月10日(日)『激論! サンデーCROSS』でした。


2017年12月10日(日)『激論! サンデーCROSS』でした。学会報告や審査、協定校との交流、締切の合間で出たので、ふらふらでしたが、唯一(?)の護憲派コメンテータ枠として小林よしのりさんと激闘(?)してきました。うえのツイートにもあるように、意外と共通点が見出されたのは収穫でしょうか。

思想家の東浩紀さんが中心となった「憲法2.0」企画に参加して、おもに地方自治の項目を担当したこともあり、伝統的な護憲派とはやや異なるスタンスではありますが、直近での改憲にはいまのところ否定的な立場ではあります。

新日本国憲法ゲンロン草案全文 - BLOGOS × ゲンロン presents 憲法2.0 wiki
http://genron.blogos.com/d/%bf%b7%c6%fc%cb%dc%b9%f1%b7%fb%cb%a1%a5%b2%a5%f3%a5%ed%a5%f3%c1%f0%b0%c6%c1%b4%ca%b8

「憲法2.0」を含む『日本2.0』から5年も経っているというのはちょっと衝撃的です。現在のほうがリアリティがあるように思えるので、東さんの先見の明を感じます。ぜひ一読してみてください。

2017年12月11日月曜日

2017年12月8日(金)TokyoMX「モーニングCROSS」VTR出演でした。

2017年12月8日(金)TokyoMX「モーニングCROSS」VTR出演でした。皇位継承問題へのコメントでした・・・視聴者の皆さんには研究室の本棚がもっぱらの関心だったようです(汗)

2017年12月7日木曜日

「若者世代と政治」



昨年、創価学会ユース向けに行った講演の内容をまとめていただきました。随分熱心に質問いただき、ぼくも創価学会と公明党についていろいろと教えていただきました。

西田亮介,2017,「若者世代と政治」『第三文明』(697)76-9.

2017年12月6日水曜日

西田研学生室は引っ越しました。



先日留学生のNさんの指揮のもと、西田研学生室は引っ越しを行いました。従来の倍の広さになり、新しい生産性向上のための設備もいろいろと導入しました。中規模サイズのモニタ4台、ホワイトボード、レーザープリンタ2台、無線LAN、学習用辞書や図書類、ScanSnap、冷蔵庫、電子レンジ各2台、珈琲メーカー等々です。博士院生固定席、修士研究生はフリーアドレスで、基本的には議論したりできる空間にしています。一人で集中して自習したい場合には、地下の人文図書室や図書館、喫茶店、自宅がありますからね。今のところ、うちの研究室だけですべての課程あわせて20名近い学生と、年明けからは研究教育推進のため研究員にも来てもらう予定で、かなり充実した環境だといえると思います。

現在、来年秋学期からの研究生、修士課程、博士課程の募集を行っています。社会人院生も募集しています。下記の研究室案内なども参考にしつつ、検討してみてください。
https://sites.google.com/site/ryosukenishidalaboratory/

2017年12月5日火曜日



デーン・レイノルズがBonzerに乗っている。ハイパフォーマンスだけど、Bonzerの性質かトルク感を感じる。軽く流しているように見える。最近よく見かけるようになってきた気がするし、乗ってみたい(6'4"くらいの大きめのものを借りたことがある)。

2017年12月1日金曜日

長いインタビューが掲載されています。⇒「医療デマ対策に「リテラシーを身につけよう」は有効なのか」



朽木誠一郎さんの丁寧な取材で作られた長いインタビューが掲載されています。朽木さんの丁寧なお仕事と、幕間の議論の盛り上がりが印象的でした。一点「メディア・リテラシーを研究している」というのはややミスリーディングで、「情報と政治、民主主義、リテラシーの関係を研究している」というようなことだと思います。

医療デマ対策に「リテラシーを身につけよう」は有効なのか (BuzzFeed Japan) - Yahoo! JAPAN共同企画
https://ex.yahoo.co.jp/buzzfeedjapan/medical/8.html

2017年11月28日火曜日

2017年11月28日(火)Tokyo MX「モーニングCROSS」コメンテータでした。







「オピニオンCROSS」では、地方政治にだけ認められている直接請求や解職請求などを紹介しました。奇しくも、子育て環境整備の陳情の話題ともクロスしました。

途中、ひきこもりの問題や8bitNewsの保育子育て関連の陳情、熊本市議会の子連れ出勤議員などにもコメントしました。ひきこもりの話題は、『無業社会』とどんぴしゃの内容だと思います。最近は選挙関係の人だと思われがちですが、社会学者です・・・

「土台から崩れゆく日本の科学、疲弊する若手研究者たち これが「科学技術立国」の足元」がオンラインでも公開されていました。

『Wedge』12月号「国立大学の成れの果て」特集にコメントしています。
https://ryosukenishida.blogspot.jp/2017/11/wedge12.html

というエントリで言及した『Wedge』の記事が公開されていました。一言コメントも含まれています。いまの国立大学の状況をかなり端的に紹介している記事ですので必読です。

土台から崩れゆく日本の科学、疲弊する若手研究者たち これが「科学技術立国」の足元
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11186

完全版、なかでも苅谷先生の論考などは本体にて。


2017年11月24日金曜日

『Wedge』12月号「国立大学の成れの果て」特集にコメントしています。

『Wedge』12月号「国立大学の成れの果て」特集にコメントしています。冒頭の記事はよく取材されていて参考になります。その一方で、処方箋的に掲載されている文科省OBの人の論文は、現行政策を継続せよというもので全くもって同意し難いものでした。

2017年11月22日水曜日

2017年11月22日(水)Abema TV「けやきヒル's NEWS」コメンテータでした。

2017年11月22日(水)Abema TV「けやきヒル's NEWS」コメンテータでした。キャスターは徳永有美さんでした。

2017年10月26日(木)内閣府「平成29年度 専門分野横断的研修」を担当しました(「日本の無業社会とその社会経済的構造」)。



既にしばらく前のことになりますが(というか、最近そんな投稿ばかりですが)、2017年10月26日(木)に内閣府「平成29年度 専門分野横断的研修」を担当しました。選挙ウィーク最終週の真ん中で、朝から3時間語り倒すというなかなかタフな企画でした。が、聞いている皆さんのほうが大変だったかもしれませんが、最近の講演のなかではもっとも真剣に聞いていただいた企画だった印象があります。

西田亮介,2017,「日本の無業社会とその社会経済的構造」内閣府「平成29年度 専門分野横断的研修」(2017年10月26日@国立オリンピック記念青少年総合センター).

今年の研修担当者の顔ぶれはこちら(PDF)。
http://www8.cao.go.jp/youth/bosyu/senmon_oudan/h29/pdf/schedule.pdf

2017年11月21日火曜日

キャス・サンスティーン『シンプルな政府』の解説を書きました。

キャス・サンスティーン『シンプルな政府』(原題: Simpler)の解説を書きました。そしてネットで公開されています。

WEB掲載|サンスティーン『シンプルな政府』解説:5分でわかる行動経済学|Webnttpub.
http://webmag.nttpub.co.jp/webmagazine/1063/

西田亮介,2017,「ナッジは政府を帰らえるのか」キャス・サンスティーン『シンプルな政府――”規制”をいかにデザインするか』NTT出版,333-46.